新築内祝いは相手のことを考えて選ぼう|ネットで手軽に購入できる

プレゼントを持つ人
このエントリーをはてなブックマークに追加

出産後のイベント

ギフト

結婚して子供が生まれると新しい家族が1人増えることになります。新たな家族の誕生を祝して周りの人達からは多くの出産祝いを頂くことでしょう。結婚祝いと同様に、出産祝いを頂いた人に対してはきちんとお返しをするのが一般的なマナーとなっています。特に初めて出産祝いをもらった場合はどのようなお返しをするのか迷ってしまうパターンがよくあるものです。しっかりとしたマナーを押さえて出産祝いのお返しをすれば、相手も心から祝福をしてくれることでしょう。出産祝いのお返しとして相手に贈る出産内祝いは、頂いたプレゼント金額の約半分が相場となっています。10000円以上の高価なものを頂いた場合は、3分の1に相当する出産内祝いを贈るのもありです。
相場については目安として考えておき、どのようなものを貰ったら喜んでもらえるかという心遣いが大事になってきます。出産内祝いを贈るタイミングですが、生後30日前後のお宮参りの時期が最適だといえます。出産祝いは生後1ヶ月以内で贈らてくる可能性が高く、お宮参りのタイミングであればまとめてお返しがしやすいというメリットがあります。最近は自分で出産内祝いを梱包するのではなく、インターネット通販経由で贈るという方法も利用できるようになりました。非常に便利な方法ですが、事前にお手紙などでお礼を伝えておくのが大事だといえるでしょう。また、出産内祝いの熨斗は子供の名前を相手に伝えられるようにしておくことも重要なのです。