新築内祝いは相手のことを考えて選ぼう|ネットで手軽に購入できる

プレゼントを持つ人
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の成長を祈願

プレゼント

子供が生まれると出産祝いという形で祝福を頂くことになりますが、それとは別で子供が初めて迎える節句を祝う習慣が日本にはあります。これを初節句と呼称しており、女の子であれば3月3日で桃の節句で男の子であれば5月5日の端午の節句となっているのです。贈るプレゼントも異なっており、女の子は雛人形で男の子は兜飾りとなっています。生まれた誕生日によっては出産祝いと被ってしまう月になりますが、その様な場合は翌年の持ち越すのが一般的となっています。初節句は赤ちゃんのこれからの健やかな成長と厄除けの役割があるので、しっかりとお祝いするようにしましょう。また、初節句でお祝いを頂いた人に対しては他の祝いごとと同様にしっかりと内祝いをお返しするのがマナーとなっているのです。
初節句の当日か前日にはご馳走を用意して祝いを頂いた人を招くことがあります。このタイミングで内祝いを贈るのが最適なのです。先方の都合により初節句に参加するのが難しい場合は、お祝いをしてから1週間以内に内祝いを贈るのが最適です。内祝いとして相手に贈る品は様々ですが、日持ちするお菓子などが無難な選択肢だといえるでしょう。その他にも日用品やタオルといった汎用性の高い品が人気を集めるようになっています。初節句の内祝い相場も、出産祝いや結婚祝い同様に、頂いたプレゼントの約3分の1程度が目安となっています。また、熨斗を書く際も独特のルールが存在するのでネットなどで調べてから書くように心がけましょう。